歯並び実際の症例写真

症例:56〜60 》new

症例:56 上全体に渡る取り外し可能な義歯( PFTクラウン義歯)

義歯・入れ歯治療例
施術前
(元の義歯装着時)
施術例before

施術後
(新しくした義歯装着時)
施術例after
(義歯の着け外しも簡単になりました)
施術例after

来院時は、上の全体に及ぶ固定式ブリッジ(取り外せない)を装着していましたが、
数本の奥歯が虫歯のため、抜歯をしなければいけなくなりました。

ご本人の「今までと、大きく形態が変わらず、将来的に全面回収になるような治療は避けたい」という希望により、本体が取り外し可能な、PFTクラウン義歯を制作しました。

この装置の原型は、コーヌスクラウン義歯でありますが、維持部分に、硬弾性プラスティックを利用し、維持を確実にした当院オリジナルの装置です。
この装置の場合、本体が取り外せるので、現在残っている歯が将来トラブルとなり、仮に抜歯が必要となった場合でも本体はそのまま使用できるという大きな特長があります。
(抜歯する歯の位置、本数によっては使えなくなる場合もあります)

症例:57 以前の矯正で削って大きさが不揃いになった前歯

審美治療例
施術前
施術例before
施術後
施術例after

この方は外国籍の方で、以前自国で左右一番前の歯2本が重なっているため、矯正治療を受けたそうです。その方法は、左側(写真右側)の歯を削り、重ならないようにしたものなのですが、明らかに左側の歯の幅が小さくなり、左右の前歯の大きさが不揃いになっています。
そこで左右一本ずつオールセラミッククラウンにより治療を行い、バランスのとれた大きさに仕上げました。

症例:58 抜髄治療後の変色と、過去の差し歯による歯の不揃いな色

審美治療例
施術前
施術例before
施術後
施術例after

右上1番目(写真左側)が、約10年ほど前に、虫歯により歯の神経を取る治療(抜随処置)を行ったため、歯の色が不揃いとなり、また更に、過去に通院されていたクリニックで装着した差し歯の色が気になり来院されました。

1番目の神経を取った歯は、時間の経過と共にだんだん変色してきます。変色のみならず、歯の質も「枯れ木」のようにもろくなるため、物を噛んだ時、一気に折れる可能性も高くなります。

今回は右側の2本に差し歯を装着し、同時に歯並びも整えました。

症例:59 インプラントには抵抗があり、アタッチメント義歯による治療を

義歯・入れ歯治療例
施術前
施術例before
施術後
施術例after

この方は、左下奥歯が連続して3本欠損しており、 他院で相談したところ、インプラントでの治療を勧められたそうですが、ご本人のインプラントに対する、知識や情報から判断すると、『怖くて自分からは望まない』という結論となった為、当院にご相談に来院され、審美性の良い、アタッチメント義歯での治療を希望され、治療を行いました。

症例:60 結婚式を控えて、全体的な歯並びを綺麗に

審美治療例
施術前
施術例before
施術例before
施術例before
施術後
施術例after

この方は20代の、ご結婚を控えた女性で、結婚式までに歯並びを整えたいと希望され、来院されました。左上は以前通院されていたクリニックで、虫歯で、一本歯を抜歯して、仮歯が装着されていました。左奥を3本のブリッジ、左右2本ずつ、計3本の治療を行い、歯並びを整えました。

 
市川歯科のご紹介 患者さんの声 治療写真
 
お問い合わせは
院長紹介
市川 正浩
(いちかわ・まさひろ)
院長・市川正浩

1987年 昭和大学歯学部卒
1987年 斉藤歯科医院勤務
1988年 柏プラザ歯科開院
1989年12月 市川歯科開院

はじめまして、市川歯科医院の市川と申します。
いきなりですが、歯医者って、なかなか行きたくない場所だと思います。
歯が痛くなってしまって仕方が無かったり、仕事上必要が出てきたりしない限り、行こうなんて思わないと思います。

でも、うちの歯医者はちょっと違うんです!

診療案内

  • 虫歯治療
  • 無痛治療
  • 歯並び
  • 歯を白く
  • 審美・美容歯科
  • 前歯の治療
  • 奥歯の治療
  • 詰め物
  • 差し歯
  • 入れ歯
  • 虫歯予防(フッ素)
  • 神経の処置
  • 無痛レーザー
  • 定期検診